日本語学校

Japan Training Centre Mawlamyineを運営中

ミャンマー第3の都市、モーラミャインにある日本語学校です。
モーラミャインは人口約55万人ほどの都市です。(鹿児島市と同規模くらい)
地理でいうとタイ側にあり、ヤンゴンよりもタイのメソトの方が近いです。
周辺にもパアン、ムドン、タンビュザヤ、、、などそこそこの人口のある都市があり、「ビルマの竪琴」の舞台の地でもあります。
年配の日本人にはモルメインといったら伝わることもあります。

モーラミャインとその周辺にも日本語学校は増えてきましたが、日本人教師がいる日本語学校は私の学校しかありません。
(日本に数年住んで帰国したミャンマー人の学校が多い)

日本の外国人雇用が変わろうとしている中、ちゃんと会話の練習や日本の文化、マナーの勉強を受けないまま来日してしまうと、受け入れ企業と労働者の双方にとってアンハッピーだと思っています。(悪いブローカーに騙されないよう、その知識も教える必要がある)

一方で、日本への留学ビザの交付は中国、台湾、ベトナム等一部の国をのぞき、とても厳しくなっています。ミャンマーからは、高いお金を払ってビザ取得に臨んでも取得率は10%台となりました。(今後、日本で日本語学校に行くことは難しい)
日本人教師がいる日本語学校に行くには現地でヤンゴンに行くしかなくなっています。

ミャンマー人は家族をとても大切にするため、日本に行くまでは、実家で家族と暮らしながら、夢のために日本語をネイティブから学べる学校を作りたい。
日本のことを好きになって、リスクや日本の生活のことも充分に理解した上で日本での就労に挑戦する人を増やしたい。

そんな想いで作った学校です。