qm集合写真001
qmランチ会写真
qm船イベント

ミャンマー第3の都市を盛り上げるインターンシップ募集

◆どんなインターンシップ?◆

ミャンマー第3の都市、モーラミャインにあるITオフショア企業が運営する日本語学校でのインターンシップです。

人口約55万人ほどの都市ですが、仕事があまりないため、進学率30%未満の大学を卒業した方でも実家で家事手伝いをするしかなかったり、近隣のタイに不法就労に出てしまったりしています。

雇用を創出するためにITオフショア事業を行っておりますが、日本の外国人受け入れ法案の変更に伴って、日本で就労したいミャンマー人への日本語教育事業を強化することとなりました。

日系の会社はまだ4社しかなく、日本の認知度も高いとは言えません。学校のPR動画の作成や、イベント企画・運営(日本語学校の学生や対外的にミャンマー人を対象としたイベント)、IT事業部と協業して情報発信メディアを作成するなど日本の文化・PRをしていただき、より多くのミャンマー人の若い方に日本に興味を持ってもらえるように活動してもらいます。

◆インターンシップ活動例◆

①学校のイベント企画・運営
現地日本語学校にて、毎月1回、ミャンマー人の学生が日本の文化に触れて楽しめるようなイベントを開催しております。
そのコンテンツの企画・運営を行なってもらいます。

ただイベントを開催するだけでなく、効果測定の方法を考えていただき、PDCAを回して、より満足度の高いイベントに仕上げてもらいます。

②SNSや動画コンテンツ、Webコンテンツを使ったPR活動
IT事業部のミャンマースタッフらと協働して日本の文化の発信などを行なってもらいます。
手段は問いませんので、自ら企画し、当社のスタッフと内容を詰めながら実践していただきます。

モーラミャインに日本の文化を広め、街の発展に貢献できるような活動を一緒に行えればと思っております。

③IT事業部の作業
週に1日だけ、IT事業部の作業を一緒に行なっていただきます。
ミャンマー人スタッフと一緒に実際の作業を行います。

プログラミングなどの特別なスキルは必要とせず、一般的なPCとスマホの操作ができれば対応できる内容です。

◆身に付く力・得られる経験◆

・圧倒的な当事者意識
全面的に裁量をお渡しします。他人の人生に携わる業務に従事してもらうため、他人ごとではなく、「我が事」ととらえてインターン業務に取り組んでもらいます。一生懸命取り組めば、今後どんな仕事をするにしても必要な「当事者意識」が身に着くと思います。
(社長が密に連絡を取りながらサポートするので、丸投げはしません)

・新しい事業を立ち上げた経験
この事業は新規事業です。加えて、会社も30人くらいの規模なので、まだまだ発展途上中です。今日より明日をよくするために、高速でPDCAを回して、全力で「改善」していく経験をすれば、「ビジネスを興す」ことができる人材になると思います。

・ミャンマー第3の都市で過ごした経験
正直、インフラは不十分です。日本食レストランもないし、シャワーは水しか出ない時もあるし、停電することもあります。そんな中で、同世代のミャンマー人たちとかかわりあいながら過ごした経験は、視野を大きく広げてくれると思います。

◆具体的な条件◆

【期間】
最短1ヶ月〜 受け入れ可能

【手当】
3ヶ月目まで 25,000円/月
4ヶ月目以降 40,000円/月
※ミャンマー大卒初任給 平均15,000-20,000円/月
※モーラミャインは1食150-200円くらい
※飲水は会社でミネラルウォーター購入
※1ヶ月20,000〜25,000円あれば十分に生活可能です

【住居支給】
寮完備(男女別) インターン負担ゼロ
※ミャンマー人社員or他のインターンと相部屋の可能性あり
※水道光熱費会社負担
※建物内Wi-Fiあり(無料で使用可能)

【航空券】
半年以上滞在の方は航空券代補助として5万円を支給

【保険】
自身でご加入ください

【ビザ負担】
ビザ費用 会社負担
※ビジネスアライバルビザというビザを取得します。70日毎に更新が必要で、近隣国に往復してもらいます。(バンコク、KL、ホーチミン、ハノイなど)その際の往復航空券、ビザ更新代、1泊の宿泊費用は当社が負担します。せっかくの機会なので知見を広げる旅行にご利用ください。

【その他】
誕生日の社員がいる月は、月に一度、誕生日パーティー実施(その際は昼食会社負担)
3ヶ月に一度、会社で夕食会実施(費用は会社負担)

◆応募条件◆

20歳以上の日本語ネイティブの方(学生、社会人問いません)
モーラミャインでの生活が可能な方
ミャンマー人を下に見ず、対等に接することができる方

話を聞いてみる